忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1465]  [1464]  [1463]  [1462]  [1461]  [1460]  [1459]  [1457]  [1456]  [1455]  [1454
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序(1.01)DVD通常版

『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序(1.01)』

GAINAX・カラー--------総監督/庵野秀明、監督/摩砂雪・鶴巻和哉-----2007年

「新世紀エヴァンゲリオン」の作り直しの新作である「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版」のシリーズは、この前、2009年6月27日に第2段の「破」が公開され、公開二日目の28日に劇場で観たことで私のエヴァ熱に再び火をつけることになりました。
とりあえず「破」は二回見て、貞本義行版の漫画も全巻買い直して、「ぷちえゔぁ」まで読んだわけですが、やはり「序」の方も見直しておかないと、ということで、また見てみました。
実はこの「序」の方は、「どうせ焼き直しだろ」とか思って劇場に観に行かなかったのですが、2008年の10月15日になってやっとDVDで見てます。2007年の9月公開から、一年あけてから見て、それで面白かったのですが、まだこの時はやはり旧作版の展開に準じてたので、それほど燃え上がらなかったのでした。
しかし、「破」は違いましたね。なんというか、エヴァ世代としては衝撃を受けて、再び揺り動かされることに。
そこで、やはり、「破」の前にある「序」は見直しておかないといけないということで観たわけです。
今度は、いろんな細かいところに注目しつつ、「破」に繋がるなにかがないかと今更ながらの発掘ですよ。昔、TV版のエヴァを見ていたころから、繰り返し観るのはやってましたが、またやらされることになるとは・・・・変わってないな、自分も・・・

で、見てみた感想ですが、やはり面白いですね~。確かに前の感想でも書いたように、「少々はしょり過ぎて始めて見た人には急展開過ぎるかと思いますが、ダメというほどじゃないです」というところはそのままですが、主人公・碇シンジのキャラクター性の変化が、すでにこの段階ではじまっていたことに気づき、そういう物語として見ると、「おおっ!」と思わせる内容になっていますね。
あと、前に見逃していた設定とかに気付けてよかったです。ゲンドウがちゃんと、「あと八体」使徒を倒す、って言ってるとことか、最後の渚カヲルの思わせぶりな台詞とか。
それに、第三新東京市が、背景の町というよりキャラクターといってもいいくらいに存在感を増していたのにも気付きました。「破」も凄かったけど、「序」でもいいですよね。特に第6使徒との戦いで要塞都市として活躍してますし。

今さっきまで、繰り返しヤシマ作戦のところを見ていました。ここの静から動への盛り上がりがたまりません。

本当はブルーレイ版ので見たかったんですが、環境が無いので我慢。「破」のBlu-ray版が出る前になんとか買っておきたいものです。

いままで全然気にしてませんでしたが、「EVANGELION:1.01」と「EVANGELION:1.11」のように、追加画像を入れた別バージョンがあるんですね。はじめに出したやつが「1.01」とあるから、はじめから画像追加バージョンを出すつもりだったのか。DVDとブルーレイの両方で新バージョンが出てますが、今回、私が見たのは「1.01」のDVDです。
さすがにこの商法はちょっとどうかと思います。はじめから画像追加しますよ、と言っていたなら買った人たちも「騙された」感を味あわずにすんだかもしれませんが・・・。amazonレビューも酷く書かれてしまいますし、この手のものは、商売と作品の質と良心との三つの兼ね合いが難しいですね。

  
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 (EVANGELION:1.01) [DVD]」
なるほど、DVDだとカバーのキャラ絵を変えてますね。
さらに特装版とか出してるのかー。

 
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 DVD」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 blu-ray」
おおっ! とうとうamazonでDVDとBDの予約始まりましたね。でも、いつ発売なのかとか、詳細不明です。

 
「NANAO FlexScan HD2452W-BK ブラック」「I-O DATA SATA Blu-ray Discドライブ」「PLAYSTATION 3(80GB) クリアブラック」
---------------------------------------------------------

アニメ化控えた勇人「はなまる幼稚園」、藤沢で原画展(コミックナタリー)

【千葉団地殺人】指名手配の容疑者、他人名義の車で栃木県方面に逃走
やっと公開か。

11歳少年、家族の窮状を救うためオモチャを売却 米オハイオ

「パンツ型メガネ拭き」の海外反応(誤訳御免!)
一部の外国人が毒されはじめた!

駐車を通報された女子大生、「だりん様(彼氏)が通報者の車に醤油かけて仕返しした。やーいやーい」とブログに…非難多数 (痛いニュース)
文章が痛過ぎる・・・・

そんなおカルト信じません (イニシャルG)

田井中律(jekyll-and-Hyde)

ペリーヌ・クロステルマンとリネット・ビショップ。ストライクウィッチーズ。(real)

田井中律@けいおん!(きしだ式アートワークス)

夏向けに涼しい衣替えのイースさん(別冊兄弟拳blog)

 
「ぷちえう゛ぁ DVD」「とある卑猥な超淫靡砲」「CANDY BOY DVD VOL.2 LOVELY VERSION」
---------------------------------------------------------
関連サイト
ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 序 公式
http://www.evangelion.co.jp/1_0/index.html
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 ウィキペディアの記事
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B1%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%B2%E3%83%B3%E6%96%B0%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

この記事もどうぞ。
『新世紀エヴァンゲリオン』がリメイクじゃなく、新しい物語として登場。三部作の1つ目。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/643/
ゾクゾクさせられる疾風怒濤の新展開! さらにスケールをアップさせて公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』を見てきました
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1422/
『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』の二回目を観てきました。そしてまんまと漫画版単行本を買ってしまうことに
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1428/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]