忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1467]  [1466]  [1465]  [1464]  [1463]  [1462]  [1461]  [1460]  [1459]  [1457]  [1456
屍姫第11巻_赤人義一

赤人義一『屍姫(しかばねひめ)』第11巻

「『死の国』を作り出そうとする大群(おおぜいのけがれ)に対して、少数の精鋭を放って彼らの「王」たる崇神魔縁(すがみまえん)を倒すことを狙う光言宗。決行の前に家族と自らの墓前に立ち決意を固めるマキナ。その帰りにオーリはあの謎の黒猫に誘われるようにして七星の狭間と北斗に出会ってしまう。捕えられたオーリは奇襲のことをしゃべるまいとするが、狭間は彼の本質を突いて意外な提案を行うのだが・・・」
スクウェア・エニックス------ガンガンコミックス-----2009年------400円

赤人義一(あかひとよしいち)氏の人気霊能バトルもの『屍姫』の最新巻。
いままでやられっぱなしだった光言宗ですが、今度はこちらのターンですよ。10人の契約僧と10人の屍姫が選抜され、大群の本拠地へと奇襲をかけることになります。この「御霊封神」に参加するメンバーたちは、どれもクセのありそうなキャラたちですが、景世と赤砂の知り合いでもある壬生貞比呂(みぶさだひろ)とその屍姫・遠岡アキラも参加します。彼には何やらいろいろ因縁があるようですが、さらに隠れた思惑もありそうですよ。

1人でいるところを狭間たちに捕まってしまったオーリですが、彼の性の本質が「死を呼ぶ不吉」というものであると言われてしまいます。それは死ぬであろう人の側に居てしまう定めの人間で、この人に死相がありますよー、というようなブックマークになる存在なんだとか。しかも、それなら人間たちの間で居場所がないだろうということで、七星の仲間にならないかと誘われてしまいます。もちろん、そんなのは断るのですが、なんかその後のマキナへの言動とか見てると、死亡フラグみたいなこと言ったり!? お前、死を示す旗とか言われたからって、自分の旗立てたとかか?
星村眞姫那(マキナ)とオーリはその後、遅れて敵の本拠地へと突っ込みますが、さっそく逆村によって歓迎されます。「陣地」というゾーリンみたいな能力で攻撃されるんですが、これを撃破。他の屍姫たちも奥へと進んでいきます。やはり精鋭というだけあって、相当に強いメンバーのようですが、大群の方にも大物の教主やら七星やらがごっそり残っていますからね。しかも急襲になってないし。どうもヤな感じがしますよ〜。

あと、この巻でもやはりパンツは見せません。というかはいてませんよね?(9ページとか130ページとか)
この巻では轟旗神佳さんがちょっとしか出てこないのが残念。でも手錠したままというポイントは高いぞ。(そうか?

  
「コミックカレンダー 2006年 屍姫」「小説 屍姫 昏イ館(クライヤカタ) 」「屍姫 マキナTシャツ レッド サイズM」
カレンダーは驚くほど売れなかったとか!
小説は新創刊レーベルのガンガンノベルズ(コミックノベルズ)から。ここ、唐辺葉介の「暗い部屋」が発売中止になっちゃいましたね。
-----------------------------------------------------------------

最近気付いたんですが、私の住んでいる部屋って、壁が薄いんですよね。私が大音量でアニメ見たりニコ動見てるの、知られてしまっている可能性が! くそう。もっと早く知っていれば、エロいのはヘッドフォンして見たのに!

【皆既日食】 トカラ列島・悪石島は暴風雨に。竜巻も…避難呼びかけ、観測どころではなくなる (痛いニュース)
まさに狙ったように! これに大金かけてたツアー客って悲惨だなー。

ブックオフ、大日本印刷の持ち分法適用会社に

独特の迫力で魅了する「金田パース」の開発者でアニメーターの金田伊功氏、心筋梗塞のため死去(GIGAZINE)
享年57歳。

今回の画像は同人誌「女痴高生よん」です(黒石りんごのりんごゴロゴロ♪)

梨穂子が可愛すぎて生きていくのが辛い(チキチキTurboR)

腹筋逞しい輝夜(虚牢関)


「友達の母を犯すということ」「mind as Judgment [Single] [Maxi]」「CANAAN 1(blu-ray)」
--------------------------------------------------------------------
関連サイト
ガンガンNET(ガンガンネット。月刊少年ガンガン公式)
http://gangan.square-enix.co.jp/
ガンガンonline
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/
StarChild:屍姫 赫
http://www.starchild.co.jp/special/shikabanehime/
屍姫公式サイト
http://gangan.square-enix.co.jp/shikabanehime/
昏イ館
http://www.square-enix.com/jp/magazine/top/introduction/detail/9784757526365.html

この記事もどうぞ。
不死の肉体と鉄壁の守りがマキナの売りですから。赤人義一『屍姫(シカバネヒメ)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/576/
大群の侵攻は依海市のみならず山磨市の本山にまで。赤人義一『屍姫』第6巻から9巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/811/
押し寄せるゾンビたちに巨乳の美人ストリッパーたちが立ち向かう! 三家本礼『巨乳ドラゴン』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1452/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]