忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2755]  [2754]  [2798]  [2794]  [2752]  [2751]  [2750]  [2753]  [2749]  [2748]  [2747
あけましておめでとうございます。
本年もいろいろ漫画やらラノベやらアニメやらを紹介していきたいと思います。
2012年一本目は、最近全然数を読めてないラノベ記事です。

佐島勤『魔法科高校の劣等生』1 入学編 〈上〉 佐島勤『魔法科高校の劣等生』2 入学編 〈下〉

佐島勤『魔法科高校の劣等生』1 入学編 〈上〉
佐島勤『魔法科高校の劣等生』2 入学編 〈下〉
「魔法が体系的な技術となって一世紀。国力を左右するほど重要な人材である魔法師を育成するための学校、魔法科高校のひとつに入学した司波達也(しばたつや)と司波深雪(しばみゆき)の兄妹だったが、妹は類まれなる才能の持ち主なのに、兄は魔法師としては劣等生だった。だが、そんな達也がひょんなことから見込まれて、優等生ばかりがなっていた風紀委員になってしまい・・・」
アスキー・メディアワークス----------電撃文庫-----------2011年-----------各550円------イラスト/石田可奈

この「魔法科高校の劣等生」は、2008年からweb小説として「小説家になろう」で公開されていたそうで、そこで累計3000万PVの大人気作品だったとか。それが2011年にとうとう電撃文庫から書籍化されました。作者の佐島勤(さとうつとむ)氏はこれがデビュー作となります。
これ、「まおゆう」「SAO」などと同じく、web発の書籍化の流行りのひとつで、どうなのかなーとか思い、怪しみながら様子見していたのですが、噂を聞くに従い気になってしょうがなくなってしまいました。で、この前、とりあえず1巻だけを手に入れて読んでみたのですが、これが凄いおもしろくて我慢できず、他の巻も次々に買ってしまったというわけです。

この作品の舞台は2095年の日本。この時代、魔法、そして超能力が人間の持つ能力・技術として体系化され、魔法と呼ばれて一般的になっています。
国は貴重な魔法師を育成するための国策の学校として、魔法大学の付属高校として、9つの高等学校を設立。そのひとつ、国立魔法大学付属第一高校に主人公たちが入学するところから物語がはじまります。
主人公・司波達也は、とある事情から特殊な環境にあり、魔法理論などについては素晴らしく詳しいのですが、魔法の実技に関しては優秀とはいえない程度でした。そして、師匠である老人から体術の鍛錬も受けています。そんな達也は魔法科高校の入学試験で、テストでは抜群の成績を取ったのに、実技ではたいしたことなかったため、エリートである一科生ではなく、予備要員である二科生として入ることになりました。
それに比べ、妹の司波深雪は、非常に優秀な魔法の使い手で、主席で入学。当然、一科生です。才色兼備の超美少女ということで人々の話題をさらいます。
魔法科高校では魔法実技の成績の良い一科生は「ブルーム」と呼ばれ、二科生は差別的意味合いを持って「ウィード」と呼ばれていましたが、学校内の一科と二科で微妙な緊張感がある状況になってしまっています。
達也自身はそんなことはどうでもいいのですが、そうした対立が達也のことを面倒な立場にしていきます。新入生のアイドルと化した深雪と親しかったり、生徒会長や風紀委員長に気に入られたり、一科生より知識面で優秀だったり、さらにはいままで一科生しかならなかった風紀委員になったりもしたことで、より強く反感を買ってしまうことになります。
そんな状況に、超々々ブラコンの妹・深雪は憤慨していますが、彼女は彼女で優秀なため生徒会に入ってさらに活躍していくことになります。
達也は同じ二科生たちと友達となり学園生活をはじめていきますが、一科と二科の対立は他の要因が絡んで、学生のレベルを超えた問題になっていき、その核心に達也が絡んでいくのです。
そして、その中で明かされていく、達也の秘密。彼がその魔法そのものは得意ではないけれど、得意な分野での能力を活用して戦っていきます。

これは特殊技能学園ものの類いで、ここでは生徒たちは体系化された魔法を学びながら、学園ものとして登場する他の生徒たちとともに問題に立ち向かっていきます。キャラクターたちは基本的に明るく快活で、軽妙な会話を繰り広げながらも、しっかりとした考えから出る発言をするので、すらすら読めながらもいろいろ情報を汲み出せるので、深読みする楽しみがありますね。ラブコメしたりシリアスしたりと忙しいですが、彼らが出会う問題はこの世界の構造そのものにも関わる深刻なもののようです。
非常によく作られた設定がある理論的な魔法戦も面白く、達也の活躍がより際立ちます。「劣等生」といいつつ実は優秀、というジュブナイル作品らしいシチュエーションで、主人公無双の俺TUEEE系小説というものでした。もちろん、登場する女の子たちに囲まれて擬似ハーレムな感じですよ。ヒロインの妹・深雪は超絶ブラコンでガチっぽいし、このまま近親相姦・・・は、さすがに電撃文庫じゃないか。
まあ、それはともかく、総合的に非常に面白い作品です。俺ツエー系がダメな人はダメでしょうが、たぶん今後凄くファンを獲得していく類いのものになるかもしれません。私も実はそれほど主人公無双というのは苦手なんですが、これはいい。「鋼殻のレギオス」ではちょっとその部分でバランスが崩れてる感じがして読むの停滞しちゃったのですが、これはそれなりにバランスとれてるかと。今後の展開が楽しみです。

   
「魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編〈上〉」「魔法科高校の劣等生〈4〉九校戦編〈下〉」「まおゆう魔王勇者 エピソード1 楡の国の女魔法使い」「ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド」
---------------------------------------------------------

   
「大いなる宝の星(トレジャー・スター)の伝説〈上〉」「ペルソナ4 4巻 完全生産限定版 Blu-ray」「昨日は彼女も恋してた」「明日も彼女は恋をする」
---------------------------------------------------------
関連サイト
電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE
http://dengekibunko.dengeki.com/
佐島勤さんのページ 小説家になろう
http://mypage.syosetu.com/28800/
魔法科高校の劣等生~初年度の部~ 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n2569f/
小説家になろうの記事は、2011年12月に削除される、とありますがいまのところ読めるようです。

この記事もどうぞ。
アスナは『絶剣』と呼ばれる凄腕剣士たちと共に戦うことになるのだが・・・。川原礫『ソードアート・オンライン』第7巻 マザーズ・ロザリオ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2425/
攻め寄せる中央諸国連合軍。世界の変革が戦いにも影響していく・・・。橙乃ままれ『まおゆう魔王勇者』第2巻 忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2340/
留学という形で最終巻。叶恭弘『M×0(エム×ゼロ)』第10巻。あと『toLoveる(とらぶる)』の第10巻も。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/478/
魔女っ子の方じゃなくハリポタの方。雑破業&石川マサキの魔法学園もの。雑破業&石川マサキ『魔法使いのたまごたち』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/440/
モモンガ・エスパーの怒りを鎮めれるのか? チルドレンとしての立場を重ねる薫。椎名高志『絶対可憐チルドレン』第8巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1047/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[09/22 ブランドコピー]
[09/21 Natalieben]
[09/18 韓国ブランドコピー時計]
[09/17 Sarah Carlson]
[09/14 BarbaraLes]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]