忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3598]  [3613]  [3607]  [3606]  [3599]  [3603]  [3601]  [3600]  [3593]  [3649]  [3641
大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第1巻

大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第1巻

「手に穴があき、何かを取り込み融合してしまう謎の病気バイオ・バグが存在する近未来の日本。高校生の藤井は『穴あき(バグラー)』となってしまったが、死にかけの友人にしてバイオーグハンターの穂坂を取り込んだことで、思いを寄せる少女・榎本芙三歩(えのもとふみほ)を巡る秘密と戦いに巻き込まれていく・・・」
集英社-----------ヤングジャンプコミックス・ウルトラ------2013年--------600円

大暮維人氏と覆面小説家の舞城王太郎氏がタッグを組んだスタイリッシュSF伝奇漫画。連載は「ウルトラジャンプ」。
バイオーグ・トリニティ 1(DMM)



これ、連載はじまった時はまだ「ウルトラジャンプ」を購読してたんですが、いまいち作品のノリに乗りきれず読んでなかったのですが、今回まとめて単行本で読んでみました。

大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第2巻 大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第3巻 大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第4巻

バイオーグ・トリニティ 2(DMM)
集英社-----------ヤングジャンプコミックス・ウルトラ------2013年--------600円
バイオーグ・トリニティ 3(DMM)
集英社-----------ヤングジャンプコミックス・ウルトラ------2013年--------600円
バイオーグ・トリニティ 4(DMM)
集英社-----------ヤングジャンプコミックス・ウルトラ------2014年--------600円

手に穴があいて、生物無機物のどっちにもかかわらず吸い込んで融合してしまう不思議な病気「バイオ・バグ」というのが当たり前のようにある近未来が舞台。同級生・榎本芙三歩への想いに煩悶しまくってる高校生の藤井は、ある日、自分もバイオバグになってしまう。実は榎本芙三歩には重大な秘密があり、それに関わっていくことで、とんでもないことになっていきます。
友達にして超絶の戦闘能力を持つバイオーグハンターだった穂坂が死にそうになっていたところを、バイオバグによって取り込み融合してしまった藤井は、その力でもって芙三歩を守ろうと戦っていきます。

大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第5巻

大暮維人&舞城王太郎『バイオーグ・トリニティ』第5巻

集英社-----------ヤングジャンプコミックス・ウルトラ------2014年--------600円
バイオーグ・トリニティ 5(DMM)

現在五巻まで読んだけど、面白かった。
大暮維人作品らしいコミカルさとシリアスさが入り混じった作風で、画力はあいかわらず超絶的。凄いスタイリッシュ。「デビルメイクライ」よりかスタイリッシュ。はじめはなんだこのオシャレSFは、とか思ってたけど、予想よりよかった。
サブヒロイン的な極子が可愛くて凄く好き。

   
「エア・ギア UNLIMITED(14)」「阿修羅ガール (新潮文庫)」「ディスコ探偵水曜日〈上〉 」「魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   
「KOIZUMI 【Bijouna】アイメイク・毛穴ケアに LEDライト付き 拡大鏡 【3倍】角型 W165×105mm KBE-3020/S」「恋は任侠 」「おんなのこの下着だいすき!」「夏が来たのでキスしませんか」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
ウルトラジャンプ公式サイト バイオーグ・トリニティ
http://ultra.shueisha.co.jp/artist/10/

この記事もどうぞ。
13年の連載がついに結末を迎える。「天上天下」最終回。『ウルトラジャンプ』2010年9月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2383/
龍神の湖畔で繰り広げられる牙と魔龍の死闘! 大暮維人『AIR GEAR(エアギア)』第21巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/322/
翼は折れていないか? まだ飛び立てるのか? 大暮維人『エアギア』第19巻。嵐の王目覚める。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/330/
ある灯火が消え、新たな灯火が灯る。大暮維人『エアギア』第18巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/91/
エアトレックの生まれた場所へ。大暮維人『AIR GEAR(エアギア)』第17巻。空を見上げる者たちよ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1109/
リンゴとイッキの幼なじみ対決。大暮維人『AirGear(エアギア)』第16巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1016/
週マガ系2冊。アギト*2が表紙『エア・ギア』13巻と最近絶望してない『さよなら絶望先生』3巻。エアギアが熱い。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/747/
ある日ピーターパン(女)がやってきて恋人を奪われてしまい・・・。大暮維人『エンジンルーム 血冷式内燃機関室』。あと『NAKED STAR』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1501/
四カ国同盟軍VS.フィジカルガーメスト。そして語られるガーメントの過去とは・・・・。倉田英之&okama『CLOTH ROAD(クロスロオド)』第7巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1600/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]