忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
前にスタンプラリーの時に全巻揃えたけど、ずっと放置してました。今日まとめて読んだ。

銭第7巻_鈴木みそ

鈴木みそ『銭(ぜに)』第7巻

「五年を経てついに意識を取り戻したチョキンこと山田義男。彼はジェニーやマンビとお金を巡る話に関わった時の記憶を持つまま、どういうわけかホストクラブで働き始めたのだが・・・」
エンターブレイン---------BEAM COMIX---------2009年----------620円

鈴木みそ氏がお金にまつわるぶっちゃけた話を描き続けた作品も、この7巻でエンディングを迎えます。
PR
乱と灰色の世界第1巻_入江亜季

入江亜季『乱と灰色の世界』第1巻

「灰町に住む魔法使いの漆間(うるま)一家。大事な役目で家にいないママが大好きな乱は、いっつも子供らしい行動でパパやお兄ちゃんを困らせ、周りの人たちを困惑させてしまう。しかも、ママから貰った大事な靴を穿いてしまえば、魔法で成長して美人になってしまうことが出来て・・・・」
エンターブレイン-------BEAM COMIX----------2009年------------620円

出ました! 入江亜季氏の新作です!
「Fellows!」連載中の魔法使い家族の物語。主人公の乱(10才)は、自分が魔法使いだとちゃんとわかってるのかどうなのか、無邪気に魔法を使いまくって周囲の人たちを困惑させてしまいます。しかも、彼女は普通ならチンチクリンの小学生でしかないのですが、大好きなママ(凄い美女)から貰った大事にしている靴を穿いてしまえば、ボンキュンボンのナイスボディな美人へと変身できるのです。それでいて、中の人はそのまんま、ということなので、突拍子もない行動も無邪気な姿も、なんだか凄く魅力的になってしまったり! 兄の陣はともかく、周りの男どもはみんなして、ポワ〜っとキてしまうわけですよ。
fellows!(フェローズ!)』2009年10月号(2009 october volume.7

『fellows!(フェローズ!)』2009年10月号(2009 october volume.7)

表紙・碧風羽(みどりふう)
カバーストーリー・吉元ますめ
新連載・長澤真「瑪瑙之竜」
福島聡「ロングロングアゴー」
室井大資「ブラステッド」
長崎ライチ「ふうらい姉妹」
森薫「乙嫁語り(おとよめがたり)」
笠井スイ「ジゼル・アランシリーズ」
入江亜季「乱と灰色の世界」
碧風羽・「散花薫る」
長野香子「ノラ猫の恋」
宮田紘次「真昼に深夜子(みよこ)」
冨明仁「玲瓏舘健在なりや」
高橋那津子「金木犀の記憶」
原鮎美「ビーチ・オン・ザ・ビーチ」「でこぼこガーリッシュ」
八十八良「ウワガキ」
薮内貴広「In Wonderland」
睦月のぞみ「兎の角」
新居美智代「グッドアフタヌーン・ティータイム」
鈴木健也「蝋燭姫」
雁須磨子「ちょいん、ぱちん、すとん。」
近藤聡乃「うさぎのヨシオ」
なかま亜咲「健全ロボ ダイミダラー」
佐野絵里子「為朝二十八騎」
しおやてるこ「たまりば」
福島久美子「水晶石の森」
百名哲「演劇部5分前」
真田順子「しゅらば」
川島美代子「がんばれストローくん」
澤江啓太「ハダカヨメ」
まさひこ「グルタ島日記」
久慈光久「狼の口 ヴォルフスムント」
高田築「野ばら」
丸山薫「ステリニュアス・ライフ」
エンターブレイン--------2009年----680円

『Fellows!』の第7号目。ボリューム感はかわらず。でも、ちょっと質というか勢いが落ちた?
乙嫁語り第1巻_森薫

森薫『乙嫁語り』第1巻

「山を越えて遠くの村から馬に乗ってやって来た花嫁さんは 花婿より8歳年上だった。アミル・ハルガル 20歳 カルルク・エイホン 12歳 ふたりが暮らし始めたのはつい先日の事である・・・」(本文より抜粋)
エンターブレイン----------BEAM COMIX-----2009年-------640円

「Fellows!」で連載中の森薫氏の新作「乙嫁語り(おとよめがたり)」が単行本になりました。舞台は19世紀の中央アジア。
カスピ海近くにある地方都市に住むエイホン家の末っ子・カルルク(12歳)のもとに、ちょっと離れた所に住む遊牧民の娘アミルが嫁いできます。その奥さんとなる娘さんが、カルルクの8歳年上の20歳で、年齢的にも身長的にもデコボコ夫婦となってしまいます。このお話は、そんな結婚をしたばかりの段階からはじまります。
アマガミVarious Artists

『アマガミ -Various Artists-』

エンターブレイン----------マジキューコミックス--------2009年--------945円

凄い人気の恋愛シミュレーションゲーム『アマガミ』のコミカライズアンソロジーです。発売は26日かと思ってましたが、今日、何カ所かで見かけました。
コレ、ただのアンソロジー本ではありません! 作家陣が豪華過ぎです!! しかも、凄腕エロ漫画家ばかりでエロ過ぎです!!!
fellows!(フェローズ!)』2009年8月号(2009 August volume.6

『fellows!(フェローズ!)』2009年8月号(2009 August volume.6)

表紙・碧風羽(みどりふう)
カバーストーリー・福島久美子
新連載・睦月のぞみ「兎の角」
笠井スイ「ジゼル・アランシリーズ」
宮田紘次「真昼に深夜子(みよこ)」
長野香子「ノラ猫の恋」
入江亜季「乱と灰色の世界」
冨明仁「玲瓏舘健在なりや」
長崎ライチ「ふうらい姉妹」
八十八良「ウワガキ」
しおやてるこ「たまりば」
森薫「乙嫁語り(おとよめがたり)」
薮内貴広「In Wonderland」
佐野絵里子「為朝二十八騎」
読み切り・長野香子「最上階のなゆた」
山名沢湖「サイクリング・イデア・ロード」
百名哲「演劇部5分前」
福島久美子「水晶石の森」
鈴木健也「蝋燭姫」
室井大資「ブラステッド」
松山紗耶「2時間目保健体育」
なかま亜咲「健全ロボ ダイミダラー」
新居美智代「グッドアフタヌーン・ティータイム」
高橋那津子「スリーアウトチェンジ」
近藤聡乃「うさぎのヨシオ」
佐々木一浩「電人ボルタ」
まさひこ「グルタ島日記」
空木哲生「ふたりの港」
福島聡「ロングロングアゴー」
丸山薫「ストレニュアス・ライフ」
次号予告
「ロック・ホークと戯れの昼下がり」

さらに、一挙八人の新人の読み切り短編を載せてます
新人8人祭
吉田聡美「ストレンジ・カメレオン」
吉元ますめ「イモムシのおよめさん」
楠美マユラ「傾城小僧 桔梗丸」
梶谷志乃「コスプレ遊戯」
吉田覚「彼方の街 退屈な夏」
大武政夫「こまきまき」
緒方波子「セイタカアワダチソウと私」
嵐田佐和子「魔法少女メルリン」
付録・「ロボットフェローズ」
エンターブレイン--------2009年----680円

『Fellows!』の第6号目ですが、今回も表紙が凄いですね。この号では
ページ数はさらに増えて、963ページ分もあります。
Fellows!フェローズ2009年6月号_volume5

『fellows!(フェローズ!)』2009年6月号(2009 June volume.5)

表紙・碧風羽(みどりふう)
カバーストーリー・高田健一
巻頭・新連載・笠井スイ「ジゼル・アランシリーズ」
宮田紘次「真昼に深夜子(みよこ)」
新連載・八十八良「ウワガキ」
森薫「乙嫁語り(おとよめがたり)」
しおやてるこ「たまりば」
鈴木健也「蝋燭姫」
福島聡「ロングロングアゴー」
近藤聡乃「うさぎのヨシオ」
長野香子「ノラ猫の恋」
冨明仁「玲瓏舘健在なりや」
入江亜季「乱と灰色の世界」
田代高行「ディラックの海」
デビュー・高橋那津子「千代と花おくり」
読み切り・長澤真「ロール・オーバー・ベートーヴェン」
室井大資「ブラステッド」
長崎ライチ「ふうらい姉妹」
なかま亜咲「健全ロボ ダイミダラー」
新居美智代「グッドアフタヌーン・ティータイム」
岩原裕二「ALEX BLACK(アレックス・ブラック)」
百名哲「演劇部5分前」
高田築「バックパック・ラン」
薮内貴広「In Wonderland」
松山紗耶「5時間目図画工作」
佐野絵里子「為朝二十八騎」
福島久美子「水晶石の森」
小暮さきこ「タイムカプセル」
読み切り・安住だいち「サンライズ」
佐々木一浩「電人ボルタ」
まさひこ「グルタ島日記」
久慈光久「狼の口(ヴォルフスムント)」
丸山薫「ストレニュアス・ライフ」
次号予告
「ロック・ホークと深夜の情事」
高田健一「アフィーマ出張版」
エンターブレイン--------2009年----680円

ちょっとはや売り?だった『Fellows!』の第5号。とらのあなだと毎回一日くらい早く売るみたいですね。なんで?
ページ数は前よりさらに200ページも増えて、931ページ分もあります。
隗ヨリヒトカイヨリ式第1巻_カズアキ

カズアキ『隗ヨリヒトカイヨリ式』(第1巻)

「『隗憑り(かいより)』という異能を持つ一族のひとつ鷺森家の当主・或経(ありつね)。彼は『紋』を集めようとする同族によって狙われる存在でもあった。付き従う時見千嘉(ときみちひろ。ちか)とともに戦うが、ある時、彼らの通う高校に永継という転校生がやってきて・・・」
エンターブレイン-----B's Log コミックス------2007年-----620円

イラストレーターとして活躍している美麗絵師カズアキ氏の漫画の初単行本。
まっしろけ第1巻_竹谷州史

竹谷州史『まっしろけ』第1巻

「両親が死に天涯孤独となった少年・深見真白(ふかみましろ)。街を彷徨う彼は、ふとしたことで中国人不法滞在者の依林(イーリン)や立慧(リーフィ)と知り合う。しかし、彼女たちは同郷の人間でヤクザな商売に手を出している道明(ダオミン)に脅されて・・・」
エンターブレイン-----ビームコミックス------2009年-----660円

「月の光」の竹谷州史氏の新作。連載は「コミックビーム」。今回は原作付きじゃないです。
小さな運送屋をやっていた両親がさまざまな事に関わったせいで恨まれ、車を爆破されて死んでしまったため天涯孤独となった少年・深見真白(ふかみましろ)。家もなく頼る人もいない彼は、あてどなく街をさまようが、その粋ですっぱりとした性格から、境遇を嘆くわけでもなく、淡々と生きて行きます。
耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳_石川博品

石川博品『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』

「共和国の本地民レイチ・レイーチイチは、コネで王国民が多くいる第八高等学校へと入学する。そこで知り合ったシャーリックの王女ネルリは、独自の規範に則り奇矯な行動をする異文化民でもあった。本地民の常識が通用しないその他の王国民たちとともに学園生活をはじめるレイチだったが、本地民のための組織である自治委員会への参加を強いられ・・」
エンターブレイン------ファミ通文庫-----2009年----620円-----イラスト/うき

面白いとの紹介を受けて読んでみた、ヘンテコなノリと設定のディストピア気味ドタバタ学園ラブコメSFです。第10回えんため大賞優秀賞受賞作品。
舞台はある世界のどこぞの星のとある大陸にある「活動体連邦」。連邦は、その中心的支配的存在である「共和国」と、第二維新によって独立した王制の所属国家が多数あります。本地にある第八高等学校は、そうした服属する国家から王族などの子弟(及びそのお付きの人)といった「王国民」が通う寄宿舎となっています。ここには王国民だけではなく、共和国本地からもここに入らざるえなかった生徒が多数います。そんな本地民のひとり、ダクー村出身のレイチ・レイーチイチは、コネでこの八高へと入学することに。汽車の中でシャーリック王国のワジという少年と知り合ったレイチは、その関係でワジのご主人様である、シャーリック王女のネルリ・ドゥべツォネガと、護衛のナナイとも親しく付き合うことになります。
常識の通じないネルリたちに振り回されつつも、独自の妄想力とひねた視点付きの前向きさで楽しい学園生活をはじめようとするレイチ。しかし、この学校の存在そのものが歪んだ体制の末端であり、本地民と王国民の差異と区別は否応も無くレイチの生活に影響してきてしまうのです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[06/26 カルティエ 結婚指輪 店舗]
[06/26 n品とは]
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 Tomasevato]
[06/21 how to open hermes bracelet faux]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]