忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1225]  [1224]  [1223]  [1227]  [1222]  [1221]  [1219]  [1220]  [1218]  [1217]  [1216
緑の王 VERDANT LORD』第9巻_たかしげ宙&曽我篤士

たかしげ宙&曽我篤士『緑の王 VERDANT LORD』第9巻

「各地のドーム付近でアレトゥーサ、米軍、反乱米軍、各国軍が争う中、シンはディーナの叫びにより覚醒する。襲撃されたディーナたちを助けるため、シンは戦いを挑むことになる。そのころ、ケンもこの状況における最後の手をうとうするのだが・・・」
講談社----------マガジンZKC--------2009年-------571円

連載していた「マガジンZ」が休刊してしまったわけですが、「マガジンZ」で連載されていた作品のあるものは他誌へ移転し、あるものはそのまま打ち切りになってしまったわけですが、この「緑の王」はこれで上手く完結させています。休刊の際、ちょうど物語も佳境にあったため、移転も叶わず、エンディングまで駆け足の展開となっています。


作者もあとがきで書いていますが、確かにあと1巻分くらいは欲しかったですね。植物に取り込まれたあの男との決着が大佐の介入でおじゃんだし、サムの動向もよくわかんなかった。あとケンとケリーの関係をもうちょい濃く描いてほしかったかも。
でも、SF的説明とかはちゃんとしてるし、物語もちゃんと収束してて、しっかり楽しませてもらいました。まさか最後にシンがあーゆーふうになるとは思いませんでしたが!



緑の王 VERDANT LORD』第8巻_たかしげ宙&曽我篤士

たかしげ宙&曽我篤士『緑の王 VERDANT LORD』第8巻

講談社----------マガジンZKC--------2008年-------562円

そうそう。8巻。これの記事書こうと準備してるうちに最終巻が出ちゃったわけです。
7巻の終わりからアレトゥーサ化したケリー女史が何回かいい感じにお色気担当的なサービスしてくれて、嬉しい限りでした。だからもっとケリー分を出してほしかったなぁ。
気になるのはディーナとセーラの今後でしょうか。そういやディーナにはもうちょいシンとのやりとりが欲しかったかも。いまいち子供扱いされ過ぎて、ディーナの想いは通じてないし、両者の姿勢がはっきりしてなかったし。
大佐は美味しいところもってちゃって、しかも生き残るとは思いませんでした。いや、ほんと第二部ってのが構想されてたってのなら、他の雑誌でやってくれないかな〜。

ちなみに、9巻最後のおまけページにある「巨乳ブリザード」は「豆乳ブリザード」だと思うんですが。



  
「BLUE GENDER(ブルージェンダー)」ってアニメありましたね。巨大生物が敵っていうロボットアニメ。
「シャングリ・ラ」(池上永一)、「ワイド版 風の谷のナウシカ 7巻セット トルメキア戦役バージョン」(宮崎駿)

---------------------------------------------------------

「マガジンZ」系の漫画で移転するものは、だいたいが月刊少年マガジンかマガジンGREAT、あとマガジンSPECIALに移動しますが、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」はアフタヌーンですね。
残念なのは環望氏の「箱館妖人無頼帖 ヒメガミ」と夢路キリコ&冲方丁の「シュヴァリエ」が終わってしまったこと。これらは凄くいい出来だったのに。「仮面ライダーSPIRITS」は月マガに移動で続けてくれるからよかった。

しかし、休刊てやつはホントにいろいろもったいないことになりますね〜

  
小説版の「緑の王」なんてあったんだ。著者は真坂和義氏。

---------------------------------------------------------

春だ! 痛車だ! イベントだ!
そういえば、この前、池袋で「灼眼のシャナ」のシャナの絵を車輪の部分に描いてる痛い自転車をみました。痛チャリって言えばいいのか? スゲー、とか思ったけど、写真撮る前にいなくなったのは残念。

本日の乳成分は「ふしぎなメルモ」のメルモさん。(別冊兄弟拳blog)

やよいのオセロ(ずっとずっと真のターン)
くっ、可愛いぞ・・

  
広江礼威氏の画集「REIGHBORHOOD!REI HIROE ILLUSTRATIONS」出てましたね。気になる。「マクロスflonTier シェリル&ランカ卓上タイル時計」は現物を一度見てみたいな。
そうだ、「地球の長い午後」が非常にいい作品です。
---------------------------------------------------------
関連サイト
植物園へようこそ!
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
植物の歴史
http://www.asahi-net.or.jp/~zh7k-knk/study/rekishi/main.html

この記事もどうぞ。
大繁殖した植物と敵対する人類の戦い。たかしげ宙&曽我篤士『緑の王』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1019/
盲目の剣士と未来視の少女の戦い。DOUBLE-S(ダブルエス)&たかしげ宙『死がふたりを分かつまで』シリーズ、第8巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/802/
滅亡した地球に残された最後の種たちの壮大な物語。田村由美『7SEEDS(セブンシーズ)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1148/


追記
思い出した。そういや、植物じゃないけど、人間外の生物が軌道エレベーター作るっていう話は、『EDEN』でもあったじゃないか。

  

「EDEN It’s an Endless World」(遠藤浩輝)。こっちも無事に去年エンディングを迎えましたね。
あと、「サイコドクター」の的場健氏の「まっすぐ天へ」は軌道エレベーター作る話。1巻で未完ですが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]