忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2463]  [2462]  [2464]  [2461]  [2460]  [2459]  [2467]  [2458]  [2457]  [2456]  [2455
「星を追う子ども」映画館20110508

新海誠監督『星を追う子ども』
「とある山中の田舎街に暮らす少女・アスナ。彼女は鉱石ラジオから聞こえる不思議な歌に心ひかれていた。そんな中、巨大な化物に襲われたところをアガルタより来たという少年・シュンによって救われる。だが、その翌日、母より身元不明の少年が死んだと告げられて・・・」
コミックス・ウェーブ・フィルム------------キャラデザ・西村貴世-------音楽・天門-----------2011年公開---------116分

新海誠監督の新作アニメ映画が四年ぶりに公開です。今度はSFじゃなくジュブナイルファンタジーですよ。土曜日に公開はじまったばかりですが、日曜日にさっそく観に行ってみました。

舞台はとある日本の山間の土地にある集落からはじまります。どうやら日本とはいっても、パラレルな設定の日本のようではあります(たぶん)。そこに住む少女アスナは数年前に父を亡くし、母と二人暮らし。母は病院で夜勤があるため家で寂しい暮らしをしているみたいで、父の形見の山中の秘密基地で鉱石ラジオを一人聞いたりしています。彼女はラジオで聞こえてきた不思議な歌に心惹かれていました。そんなある日、鉄橋の上で巨大な化物に襲われ、そこをアガルタというところから来たという少年シュンに救われます。超常的な力を持つシュンと語り合ったアスナは、彼との再会を楽しみにしていましたが、翌日会うことはできませんでした。しかも、母から身元不明の少年の死体が見つかったことを知らされショックを受けます。
その後、産休教師のモリサキの授業中、「アガルタ」が地下にある死後の世界のことだと知り、モリサキに詳しい話を聞きに行くことに。しかし、そのモリサキもアガルタに関連する人間でした。死者がいるという地下世界について知り、興味を覚えるアスナ。その直後、いつもの秘密基地で光るものを見たアスナは、急いでそこに駆けつけ、シュンそっくりの少年シンと出会います。彼はシュンと同じく地下世界アガルタの住人であり、この世界に残されたモノを取り戻しに来たのでした。しかし、そんな彼らをモリサキの所属する組織が狙い、シンを追ってアガルタへの入り口へと到達するのでした。
こうしてシンとともに、アスナとモリサキはアガルタへと行くことになるのですが・・・

というような展開で、異世界探訪ものとなっています。はじめ、このペースで終わるのかと思うくらいしっかりした広がりを持つ世界観を見せていくのですが、後半もノンストップで話が展開してって、最後まで見せ場を要所にきっちり配置しつつ、全体の話もまとめてあります。
新海誠氏はいままで距離の遠さについてテーマにしてくる作品が多かったですが、今回はなんというか「過ぎ去ったもの」「失われたもの」「戻るべき場所」に対する想いといったところでしょうか? 一回観ただけじゃ、上手く言えないな〜。また観に行くか、DVD買わないとな。
でも、ともかく、凄い良かったです。見ごたえがある作品でしたね。ちょっと宮崎アニメに似てる印象があるのが気になりますが、狙いがそのままポスト宮崎ってことなのかな? 若い層に見せるアニメとして作ったみたいですね。昔、「時をかける少女」を観た時に、細田守監督はポスト宮崎・ポストジブリに収まることになるのかな〜、とか思ってましたが、むしろこの「星を追う子ども」の系統のが来るかも?

   
「劇場アニメーション 星を追う子ども Original SoundTrack」「ピラミッド帽子よ、さようなら」「天空の城ラピュタ Blu-ray」「アガルタ 1」
---------------------------------------------------------

Amazon、Kindle Storeから一部の日本製ボーイズラブ作品を削除

「乱飛乱外」9巻、特装版はフルカラーミニ原画集付き(コミックナタリー)

小倉智昭、「とくダネ!」で持論を展開 「ユッケよりフグの毒のほうが問題」(痛いニュース)

ゲームキューブがそのまま雑貨入れに、手作りリサイクル商品「GameCube Desktop Organizer」(GIGAZINE)

ゆるゆり :女子中マンガがアニメ化 藤田咲ら人気声優陣が脇固める(まんたんウェブ)

役員報酬、削減幅拡大へ=リストラ追加を検討-東電

【美少女グッズ瓦版】TVアニメ『あの花』『アスタロッテ』『そふてにっ』グッズを紹介

キティ、中国にテーマパーク 浙江省に14年開業

ぎゃる☆がんモブ子ズ高梨双葉と富士見照(何処の頁。)

COMIC1 新刊表紙絵 Aチャンネル(メコンデルタ)

ねこみみ(てんぶり)

Cの角生えた子達がかわいい(アカラサマナ)

   
「耳をすませば Blu-ray」「ハウルの動く城 DVD」「精霊の守り人 3 DVD」「暗黒神話」
---------------------------------------------------------
関連サイト
『星を追う子ども』公式サイト/新海 誠 最新作
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php
Other voices -遠い声- (新海誠 公式サイト)
http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/

この記事もどうぞ。
遠く離れた二人の間に流れるもの・・・。佐原ミズ&新海誠『ほしのこえ The voices of a distant star』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/805/
新海誠の新作アニメ『秒速5センチメートル』は3月3日公開予定らしい。観に行くつもり
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1040/
想いを乗せて飛ぶ。約束を果たすために・・・。新海誠『雲のむこう、約束の場所 -The place promised in our early days-』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1361/
ナウシカに引き続き、ラピュタもblu-ray化。空に浮かぶ古えの城ラピュタを巡る冒険譚。宮崎駿『天空の城ラピュタ』blu-ray版
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2304/
201105082030 劇5 K-10

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]