忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2468]  [2466]  [2465]  [2463]  [2462]  [2464]  [2461]  [2460]  [2459]  [2467]  [2458
浅井ラボ『TOY JOY POP』

浅井ラボ『TOY JOY POP』

「平凡で平穏な地方都市・台泰(だいたい)市。そこにある台泰大学で、むちゃくちゃなキャラクターで知られている伝説の七回生・福沢礼一と、その一癖ある仲間たちに出会った鈴木奈緒美。日常の裏側に潜む静かなる心の闇が、彼女らの間で交錯し・・・」
HOBBY JAPAN------------HJ文庫---------------2006年-------------667円

「されど罪人は竜と踊る」の浅井ラボ氏の描く、「青春POPラブストーリー」とは程遠い、薄皮一枚下が全部狂気と悪意と執着でできてる若者たちの迷走物語です。

浅井ラボ氏が「暗黒ライトノベル」の代表人物として知られ、そのエグイ表現で悪名が知られているのは知っていましたが、今まで「されど罪人は竜と踊る」のはじめしか読んだことなかったので、どういうことかいまいち分かっていませんでした。というか、華麗に組み立てられたドラマとスピード感のある描写と気の利いたセリフ回しは凄い良いな〜、など甘いこと考えてました。
この「TOY JOY POP」を読んではじめてその「暗黒」っぷりを実感しました。
とある平凡な街で暮らす五人の若い男女の話なんですが、ギャグあり、恋愛あり、百合あり、バトルあり、拷問あり、狂気あり、と一部不穏当な内容がごちゃまぜになってます。言動が痛々しい人たち多数な上に、それに対する痛烈な指摘が読んでる人的にも痛々しいという二重の苦痛。あと実際に肉体的にも、キャラクターたちをこれでもかと傷めつけたりするあたりは、もう興奮どころかショボンとなるのもむべなるかな!

   
「Strange Strange」「されど罪人は竜と踊る 9」「神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと 神曲奏界ポリフォニカ シリーズ短編集」「クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子」
---------------------------------------------------------------------------------

   
「火トカゲのしっぽ」「泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉」「虚構推理 鋼人七瀬」「ヤングガン・カルナバル1 文庫版」
-------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
浅井ラボ公式blog 浅いっぽい
http://asaippoi.exblog.jp/
HJ文庫
http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/

この記事もどうぞ。
最低の咒式士コンビが大陰謀へと巻き込まれる。浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』第七回スニーカー大賞受賞作品
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/462/
ガユスとギギナの凸凹コンビが大活躍。灰原薬&浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』。暗黒ライトノベルの漫画化
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/514/
最高に危険な任務をこなす特殊部隊の活躍を描くファンタジー。深見真『ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2330/
緩急の差が強い学園異能もの。藤原祐『レジンキャストミルク』第1巻。心理面が面白いです。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/881/
あぶり出された人の心は、熱が増すほど強く浮き出る。きづきあきら『増殖フェティシズム』&『侵蝕プラトニック』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1061/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]