忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3256]  [3248]  [3247]  [3255]  [3254]  [3246]  [3244]  [3241]  [3240]  [3239]  [3245
深見真『僕の学校の暗殺部』第1巻

深見真『僕の学校の暗殺部』第1巻

「童顔でチビなことがコンプレックスな高校生・深作零士(ふかさくれいじ)は、ある朝、隣のクラスの未但馬裕佳梨(みたじまゆかり)が人を殺すところを見てしまう。だがそれは、人であって人でないもの『いるか』を持つものを殺す『暗殺部』としての仕事だったのだ。裕佳梨に惹かれた零士は、その部員として共に戦うことを選ぶのだが・・・」
エンターブレイン--------ファミ通文庫-------2012年--------560円-----イラスト/ふゆの春秋

地球人の中に紛れ込んでいる「いるか人間」を暗殺していく「暗殺部」の活躍を描くガチンコバトルアクションSF小説です。作者は「ヤングガン・カルナバル」の深見真氏。





もともと荒事とはまったく関係のなかった小柄な少年が、同級生の美少女が人を殺すところを見てしまい、これがきっかけになり、彼らが通う正袈裟高校に秘密裏に存在する「暗殺部」に入部することになります。
暗殺部は冗談ではなくまさに暗殺を活動内容とする部活なわけですが、その殺す対象というのが、実はすでに人間社会の中に浸透している「いるか人間」という宇宙人らしき存在です。いるか人間は頭の中に「いるか」というものを住まわせて超人的な能力と非人間的な言動を繰り返す凶悪な奴らで、周囲の人間をことごとく悲惨な目に合わせていきます。
こうしたいるか人間たちの進出を食い止めるため、政府など大きな存在がバックアップしつつ各地の学校に作られているのが「暗殺部」です。
学校にこうした組織を作るのは、いるか人間に対抗できるのが、若い少年少女だけだからです。「生命躍動剤(エラン・ヴィタール)」という特殊な薬剤を飲むことで、超常・超人的な力を得ることができ、しかも生命の危機にも対応できるのですが、これの効き目が若くないといけないため、どうしても思春期の少年少女が戦闘のメインとならざる得ないという設定。
こうして、少年少女たちによる「いるか人間」たちとの壮絶な戦いが、密かに繰り広げられていくことになります。

深見真『僕の学校の暗殺部』第2巻

深見真『僕の学校の暗殺部』第2巻 たぶん個人的な事情

エンターブレイン--------ファミ通文庫-------2012年--------560円-----イラスト/ふゆの春秋

主人公の深作零士は、チビなこととかでかなりコンプレックスを持っている少年。そんな彼が人殺しをしてるのを見た美少女に惚れて、彼女と一緒に戦うため、暗殺部に入部します。
感情の起伏のあまり読めない同級生・未但馬裕佳梨は、すでに何年も暗殺をしてきたベテランで、部のエースとして活躍してて、素人の零士は彼女らに助けられつついるか人間との戦いに参加していきます。
部員はわずか数人の男女がいるだけですが、どのメンバーも強烈な個性の持ち主で、凄まじい戦闘能力を持っています。
いるか人間は、一見普通の人間ですが、頭の中にいるいるかのせいで、人間の悪い部分をまったく押さえつけようとはしないで表現したかのような嫌な人間たちばかり。人を殺すのはもちろんのこと、殺すにあたり拷問しまくるのがあたりまえという存在です。人間としての能力も高く、さらには不可逆性の変身までします。
こうしたいるか人間との戦いは、銃器や刀剣でやりますが、相手もそうした武器を使い、さらに互いに超人的な能力を発揮して、凄まじい戦闘になっていきます。

深見真『僕の学校の暗殺部』第3巻

深見真『僕の学校の暗殺部』第3巻 その日、ロンサム・ジョージは死んだ

エンターブレイン--------ファミ通文庫-------2013年--------580円-----イラスト/ふゆの春秋

本格的で超絶的な戦闘の描写と懊悩しながら戦う少年少女たちの心理描写、そしてなによりいるか人間の不愉快さの描写・残虐表現がガッシリ組み合って、この物語世界に引き寄せられるストーリーとなっています。そして、テーマを非常に良く練り込んだ話になっていて、文章も小ネタや仕掛けが利いてる読み応えのある内容です。あ、それとなにより、ラノベにしてはエロいのもいいですね! ちゃんとエロいことしてる! てか主人公がほんとにフェラされるラノベってそうそうないよね?www
うーむ、ラノベというかSF小説な感じでもあるんですが、この恋というか性に悩み、思春期的なコンプレックスに翻弄される感じは明らかにラノベかな、と。いや、なんか作者自身の投影なんじゃないかと思うような描写もあって、そういう意味でも面白かったです。
深見真氏は、「PSYCHO-PASS -サイコパス-」にも脚本で参加してますけど、すでにもっと前の「ヴァーティゴ」のあたりで、「ああ、この作家さんは完全にハイクラスにレベルアップしたなー」と思ってたんですが、この「暗殺部」はそういう段階での代表作のひとつともいうべき作品です。銃・格闘・拷問・残虐・性・百合、と深見真要素がたっぷり詰まった良作。超オススメです!

これ、この三巻でとりあえず終わり、ということですが、よく作られた設定はこのままではもったいないので是非続きを書いて欲しいですね。

   
「ヴァーティゴ」「PSYCHO-PASS サイコパス VOL.8 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】」「ローズガンズデイズ SEASON1(上)」「王様達のヴァイキング 2 」
----------------------------------------------------------------------------------------------

   
「ちょっとかわいいアイアンメイデン -2 」「グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】(数量限定特典DLC3種 同梱)」「ダーウィンズゲーム(2) 」「W.W.W -ワールド・ワイド・ウォー1-」
----------------------------------------------------------------------------------------------
関連サイト
深見真のものかき日記
http://fmkkoe.blog27.fc2.com/
深見 真 (fukamimakoto) on Twitter
https://twitter.com/fukamimakoto
ファミ通文庫FB Online
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/01menu/01menu.html
僕の学校の暗殺部 | 文庫 | ファミ通文庫 | エンターブレイン
https://www.enterbrain.co.jp/product/pocketbook/fami_novel/12271001

この記事もどうぞ。
殺し屋は高校生! 深見真『ヤングガン・カルナバル(Young Gun Carnaval)』5巻から9巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1536/
組織に背いた特殊部隊員がエルフの姫を連れての逃走劇。深見真『ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2017/
最高に危険な任務をこなす特殊部隊の活躍を描くファンタジー。深見真『ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2330/
高校生の殺し屋が大活躍。深見真『ヤングガン・カルナバル(Young Gun Carnaval)』。趣味全開で撃ちまくり。
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/299/
新デザインで新たに生まれ変わったGIRLS LOVE漫画雑誌。一迅社『コミック百合姫(ゆりひめ)』2011年1月号
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2250/
サハリンマフィアも軽々蹴散らす凶悪女子が勢揃い! 高橋慶太郎『デストロ246』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3124/
戦うために存在した少女たちの結末。想い溢れる感動の最終巻。相田裕『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)』第15巻(完結)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2999/
治安の悪化により銃器所持が合法化され、少女たちは銃を持って戦う・・・。長谷川光司&柿沼秀樹『TOKYO LITTLE GUNNERS(トーキョー・リトル・ガナーズ)』第1巻と第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2151/
もう完全にエロ本です。ありがとうございます。稲光伸二『性食鬼(せいしょくき)』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/3224/




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[10/14 ブランド激安市場]
[10/07 psytorrpy]
[10/02 exttorrms]
[10/01 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
[09/27 Natalieben]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]