忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
佐島勤『魔法科高校の劣等生』3 九校戦編 〈上〉 佐島勤『魔法科高校の劣等生』4 九校戦編 〈下〉

佐島勤『魔法科高校の劣等生』3 九校戦編 〈上〉
佐島勤『魔法科高校の劣等生』4 九校戦編 〈下〉
「7月中旬。全国の魔法科高校の選手が技を競う『九校戦』を控え、優秀なエンジニアの不足に悩む一校だったが、そのひとりに劣等生であるはずの司波達也が選ばれてしまう。一科生で構成されるのが当たり前のその選出に不満が強かったものの、達也の高校生のレベルを超えた超絶的な技術は、選手たちに認められていくことになる。だが、この大会を妨害しようとする何者かがいることがわかり・・・」
アスキー・メディアワークス----------電撃文庫-----------2011年-----------650/670円------イラスト/石田可奈

1巻2巻を読んだ勢いで、立て続けにすでに出ていた3巻4巻も読んでしまいました。面白かったです〜。
この巻では他の魔法科高校と魔法競技で戦う「九校戦」が描かれてます。上下巻ですが、ページ数が多く、前の「入学編」の5割増し以上あります。
PR
あけましておめでとうございます。
本年もいろいろ漫画やらラノベやらアニメやらを紹介していきたいと思います。
2012年一本目は、最近全然数を読めてないラノベ記事です。

佐島勤『魔法科高校の劣等生』1 入学編 〈上〉 佐島勤『魔法科高校の劣等生』2 入学編 〈下〉

佐島勤『魔法科高校の劣等生』1 入学編 〈上〉
佐島勤『魔法科高校の劣等生』2 入学編 〈下〉
「魔法が体系的な技術となって一世紀。国力を左右するほど重要な人材である魔法師を育成するための学校、魔法科高校のひとつに入学した司波達也(しばたつや)と司波深雪(しばみゆき)の兄妹だったが、妹は類まれなる才能の持ち主なのに、兄は魔法師としては劣等生だった。だが、そんな達也がひょんなことから見込まれて、優等生ばかりがなっていた風紀委員になってしまい・・・」
アスキー・メディアワークス----------電撃文庫-----------2011年-----------各550円------イラスト/石田可奈

この「魔法科高校の劣等生」は、2008年からweb小説として「小説家になろう」で公開されていたそうで、そこで累計3000万PVの大人気作品だったとか。それが2011年にとうとう電撃文庫から書籍化されました。作者の佐島勤(さとうつとむ)氏はこれがデビュー作となります。
これ、「まおゆう」「SAO」などと同じく、web発の書籍化の流行りのひとつで、どうなのかなーとか思い、怪しみながら様子見していたのですが、噂を聞くに従い気になってしょうがなくなってしまいました。で、この前、とりあえず1巻だけを手に入れて読んでみたのですが、これが凄いおもしろくて我慢できず、他の巻も次々に買ってしまったというわけです。
gunslingergirl(ガンスリンガーガール)14巻_相田裕

相田裕『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)』第14巻

「原子力発電所施設内に立て篭もるテロリストたちとの戦いは、互いに多大な損害を出す死闘の様相をていしてきた。そんな中、倒れるジョゼ。そして、ジャンとリコは、ついに宿敵ジャコモ=ダンテのもとへとたどり着くのだが・・・」
アスキー・メディアワークス--------電撃コミックス---------2011年---------550円

「ガンスリ」の14巻が発売になりました。春にも出したから今年は二冊出ましたね。この巻はずっとジャコモたちとの戦いの続きが描かれます。
とある科学の超電磁砲(レールガン)第7巻_冬川基

冬川基&鎌池和馬&灰村キヨタカ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』第7巻

「名門常盤台中学に転校してきたレベル4の能力者・婚后光子(こんごうみつこ)。しかし、さっそく寮を間違えてしまい、迷子になってしまう。そんな時、彼女に話しかけてきたのは、付きまとう男から逃れたい一心の御坂美琴(みさかみこと)で・・・」
アスキー・メディアワークス-------電撃コミックス-------2011年------600円

鎌池和馬氏の人気ライトノベル『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の第7巻です。
よつばと!第11巻_あずまきよひこ

あずまきよひこ『よつばと!』第11巻

アスキー・メディアワークス------------電撃コミックス------------2011年-------600円

待ちに待った「よつばと!」の最新刊、11巻です。表紙絵は図書館かなにかで本を読むこいわい一家。帯はずしたらジェラルミンもちゃんと読んでてホックリした。
今回のお題は、うどん、ピザ、しゃぼんだま、くりひろい、カメラ、ともだち、・・・・・・、の七つです。
なんか食べ物の話が多いかな?
灼眼のシャナX_Eternalsong遥かなる歌03木谷椎

木谷椎&高橋弥七郎『灼眼のシャナ X  Eternal song 遥かなる歌』第3巻

「フレイムヘイズと『とむらいの鐘』の両軍が壮絶な戦いを続ける中、天道宮に入ったチェルノボーグはフレイムヘイズたちに力を貸したガヴィダを討ち果たす。だが、モレクの『ラビリントス』に閉じ込めたはずのマティルダとヴィルヘルミナは、迷走するふりをしてこれを破壊する策を弄していた。そして、外に出た二人を待っていたのは、宿敵たる『両翼』で・・・」
アスキー・メディアワークス-------電撃コミックス------2011年------570円----キャラデザ原案/いとうのいぢ

現在本編のアニメ最終章が放映中の大人気ライトノベル『灼眼のシャナ』の外伝的な話のコミカライズ作品の第3巻です。この巻でも木谷椎(きやしい。CSY)氏の描くキャラクターたちが無茶苦茶カッコ良かったですよ。原作は高橋弥七郎氏。
もりちか『いきものずかん』

もりちか『いきものずかん』

「茶梁高校生物部は、一般生徒の近づかない恐るべき部として知られていた。そんな部の女子部員・野々村まこと大杉恋、そして顧問のクマ先生は、生き物たちの素晴らしさを味わいながら日々の部活動に勤しんでいるのだが・・・」
アスキー・メディアワークス----------電撃コミックス-------2011年-------780円

高校の生物部の部員と顧問の先生が、生き物たちの驚異と味覚に迫るウンチク系四コマ生物部漫画。作者は「明日からがんばる!」のもりちか氏。連載は週刊アスキー公式サイトの「週刊アスキーPLUS」です。
高野真之&上遠野浩平『ブギーポップ・デュアル 負け犬たちのサーカス』第1巻

高野真之&上遠野浩平『ブギーポップ・デュアル 負け犬たちのサーカス(Boogie Pop Dual Losers Circus)』第1巻

「クラスメイトの女子を放課後に呼び出して好きだと告白することを繰り返している男子生徒・秋月。その日呼ばれた女子・古賀ユミは、最近おかしな物を送りつけたりしていた変質者が彼だと思い、やめるように警告するのだが、実はそれは秋月がしたことではなく・・・」
メディアワークス------------------電撃コミックス---------2000年---------550円

上遠野浩平氏の超人気ライトノベル「ブギーポップ」シリーズのコミカライズ作品で、オリジナルなストーリーとなっている「ブギーポップ・デュアル」です。作画は高野真之氏。連載は「コミック電撃大王」でした。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない第9巻_伏見つかさ

伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第9巻

「五更家の次女・五更日向は、痛いオタクの姉・瑠璃がついに脳内彼氏との会話やデートを楽しむようになってきたことを心配していた。だが、なんと実はその彼氏・高坂京介は実在していることがわかり・・・」
アスキー・メディアワークス----------電撃文庫----------2011年---------550円--------イラスト/かんざきひろ

アニメの方も全部終わり、さらにはゲームの新作が出ることが発表もされた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の最新刊が発売になりました。
美少女で才能の塊の隠れオタクな妹と、その兄の煩悶と奮闘を描くこのお話ですが、今回は脇役たちの番外編を繋げてる話となっています。
椎名優『モノクロームミスト(Monochrome Myst)』第1巻

椎名優『モノクロームミスト(Monochrome Myst)』第1巻

「売れない小説を書いて暮らしている青年・シルフレイヴは、ある日、見知らぬ少女・アンジェリカから黒い猫が見えないかと聞かれる。それは他の人には見えないモノで・・・」
アスキー・メディアワークス-------電撃コミックス-----------2011年---------570円

イラストレーターとして有名な超絶美麗絵師・椎名優氏の初の漫画単行本が出ました!
私も椎名優氏のイラストは大好きで、その絵が挿絵のラノベなんかもついつい買ってしまいます。
でも、漫画は同人誌では多少描いてたみたいですが、商業ではあまりやってなかったので、画集はいくつもあるのに、これが漫画の初単行本となるようです。
少し昔のヨーロッパ(風?)の街を舞台に、人には見えないものが見える少女と青年と、モノに宿る霊たちの物語。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]