忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3272]  [2987]  [2985]  [2984]  [2983]  [2982]  [2980]  [2981]  [2979]  [2991]  [2978
ヱヴァンゲリヲン新劇場版_Q_1

とうとう上映された「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q  (EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.)」を、開始二日目になる日曜の夕方の回で見てきました。池袋HUMAXシネマズ。今回は最速だと新宿の17日深夜0時上映とかもあったみたいですが、残念ながら仕事が土曜日あったので断念。私が席の予約入れようとした時にはほとんどの回が満席で、入れる時間だと、土曜の深夜か、この日曜の夕方かが最速っぽかったので、席の場所の関係でこちらに。でも、前の方の段、さらに一番右端の席ということで、かなりスクリーンが見づらかったです。ここのスクリーンって、中央が凹む形で湾曲してるから、右端から見ると、スクリーンの左側はそれなりにまともに見えるけど、右側はむしろ近いのに見づらいという・・・。

今回は、ネタバレしないように注意して、ネットはなるべく見ないようにしてましたし、金曜夜にやった「破」の終了後の「Q」冒頭6分も見ないでおきました。見ちゃうと映画館で見た時の印象が薄まりそうですから。
「Q」の上映には、同時上映として庵野秀明監督が作った「巨神兵東京に現わる 劇場版」が上映されました。特撮博物館で見せていたやつです。私はすでに見てましたが、これはスクリーンで見るとまた違った感じで迫力がありました。まあ本当は「Q」だけの方がよかったのですが。
そもそも、「Q」は95分しかないんですよね。98分、108分ときてたから、118分と実質二時間くらいやってくれるのかな〜、と期待してましたが、逆に短くなってしまってました。しかも、CMが多くて長いし、「巨神兵」が先に上映されるので、本編がより短く感じてしまいました。

で、「Q」の感想ですが、なるべくボカして書きますが、これ以降はある程度のネタバレ有りの話なんで、観に行くつもりの人は読まないほうがいいかと。
少し空間をあけて書きます。














































前回の「破」の封切りが2009年6月27日だったから、3年5ヶ月ぶりという待たされまくった新作でした。「破」で話が大きく変わったことで、この「Q」はほぼ新規映像ばかりの内容になってまして、まさに新作です。
いや、しかし、変わるにしても、この変わりようは想像以上でした。再構築どころじゃないです。
冒頭の宇宙での戦闘のあと、シンジが覚醒しますが、どういう状況なのかは全然分かりません。そしてわけの分からないままシンジ抜きの戦闘に突入。ここでまさかの戦艦・ヴンダーが出てきて、もうなんか違う作品かと思ったほど(笑
しかも、シンジが寝てた間に、14年も時間が経っていたという設定です。えー、ですよ! どういうことだよ! いきなりストーリーがワープした感じです。(チルドレン以外はみんな歳取ってちょっと変わってる! リツコさん、ショートになって少し痩せコケてるし、ゲンドウさん白髪が・・・。ミサトさんも大人っぽくなった?)
それで、どうするのかなー、と見ていくと、いろいろなことが大きく変わって酷いことになってるのが分かってきます。ここらへんはニヤニヤしつつ、その変化を見ていけました。まさか、ミサトさんたちが袂を分かっているとは思いませんでしたし、ほかにもどういう経緯なのか気になることがいっぱいです。
TV版で言うところのアラエル、アルミサエルのエピソードはカット。渚カヲルが登場して、シンジと深く関わることになります。TV版の時よりかより親密で深いやり取りがあって、ここらへんはテレビでやれなかった分をやってるのかなー、と思ったり。
あと、綾波レイも登場しますが、前回の最後の展開がまるでチャラになったかのような脱力感。これは酷い。でも、これはこれでまた別の盛り上がりがありますね。すげない感じが初期を彷彿させて萌えられますwww
それにしても、新展開・新設定・新用語がてんこ盛りで、しかも説明してくんないのがほとんどなんですよね。状況からなんとなく理解するしかなく、何をやってるのかもよくわからないという・・・、かつての劇場版の「Air/まごころを、君に」を連想させる作風でしたね。「破」が明るく前向きな少年漫画のような、らしからぬ作風だったけど、これで元の「エヴァ」に戻ったという印象があります。シリアス度も悲惨さも話のスケールも格段にアップしてますけど。自分は「破」のときはワクワクハラハラしながら見たものですが、「Q」ではキャラたちのギスギスした関係をハラハラしながら見てました。なんせ、仲間たちとすら対立するハメになるのですからね! これならシンジが理解を示してくれるカヲルに食いついたのかも分かります。今回、カヲルも大活躍ですよ。ホモ臭さよりも友情度があがってるし。「Q」のメインは彼の関わる槍をめぐる話が中心になってます。

「Q」は新映像ばかりな上、動きまくるアクションとド派手な演出で魅了してくれますね。迫力が凄かったです。けど、とにかく情報量が多く、疲れました。それに、えー!? って展開が多すぎました。なんだそれ、って思いまくり。しかも、最後はカミーユエンドかよ!(でもシンジそういうの多い子だからな・・・)
前回は最後にみんなドヨドヨっとなって拍手も沸き起こる盛り上がりを見せましたが、今回はそんなことはまったくなく、みんな終わってもシーンとしてました。たぶん、頭にハテナマーク付けてたよ。どうするんだよ、このヒキで終わって!! これは批判とか結構多めなのもわかる。自分も、えーっ、て感じでしたが・・・でも続きが凄い気になりますし早く観たいです。予告によると2013年にはやるって言ってるけどなぁ。いつものパターンで・・・

今回は二重の意味でもう一度見ないとな。ひとつは見る席が悪くてちゃんと見れてないのと、もうひとつはこれがどういう話かちゃんと理解できてないから。
平日は無理だけど、休みの日にまた見に行こう。

そういえば、今回はアスカが動くは喋るはで大活躍でしたね。旧版の白エヴァとの対決以上の奮闘でしたよ。アスカ好きにはたまらんだろうなぁ。これ、どういう経緯であの状態から復活してやってきたのか、マリとはいいコンビなのかとか・・・そこらへんもっと知りたいのに説明無しだよ。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版_Q_2_フィギュア

そういや、映画館の前に等身大フィギュアがありました。アスカとカヲル。誰も撮影とかしてなかったけど。

   
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]」「新世紀エヴァンゲリオン (13) 」「桜流し 宇多田ヒカル」
1800 F40
------------------------------------------------------------------------

   
「MODE EVANGELION (学研ムック)」「式日 [DVD]」「ラブ&ポップ SR版 [DVD]」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 カレンダー2013年」
-------------------------------------------------------------------------
関連サイト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式
http://www.evangelion.co.jp/
株式会社カラー 公式
http://www.khara.co.jp/
GAINAX NET
http://www.gainax.co.jp/
巨神兵東京に現わる - 館長庵野秀明 特撮博物館
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/movie.html
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 公開日のアキバの様子(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51370612.html
貞本義行、宇多田ヒカルの「ヱヴァ:Q」テーマ曲ジャケ描く(コミックナタリー)
http://natalie.mu/comic/news/80098
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」冒頭6分38秒部分がYouTubeに続々登場(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20121116-eva-q-movie/
エヴァ新劇場版 次回作のタイトル発表! それは・・・・(やらおん!)
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-12950.html
バルト9 : 「ヱヴァ」効果で日計動員・興収新記録樹立 (まんたんweb)
http://mantan-web.jp/2012/11/18/20121118dog00m200041000c.html

この記事もどうぞ。
ゾクゾクさせられる疾風怒濤の新展開! さらにスケールをアップさせて公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』を見てきました
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1422/
綾波にポカポカさせてもらったのは俺だったよ!?(ぇー 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.)』(blu-ray)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2027/
『新世紀エヴァンゲリオン』がリメイクじゃなく、新しい物語として登場。三部作の1つ目。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/643/
出来のいいアスカフィギュアが付いてくる!!角川書店『ヤングエース(YOUNG ACE)』第2号。長門のお腹というご褒美もあるよ
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1487/
「破」を観た後にそれを踏まえて精視聴。やっぱり面白い! 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』を再度観る
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1460/





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]