忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2721]  [2705]  [2701]  [2720]  [2698]  [2697]  [2699]  [2696]  [2695]  [2764]  [2694
おりもとみまな『性なる嘘つき おりもとみまな「チェンジH」短篇集』

おりもとみまな『性なる嘘つき おりもとみまな「チェンジH」短篇集』

「女装男子率100%の学校にやってきた女子・山田スードラは、女装男子たちにかしずかれる夢が破れ、失意の日々を送っていた。しかし、同じクラスの女装男子・佐藤クシャトリヤに、自分が魔法で女体化した元男なのだと嘘をついたことで、一躍クラスの人気者になり・・・」
少年画報社-----------TSコミックス-----------------2011年------------619円

男装・女装・性転換をテーマにしたアンソロジー「チェンジH」に掲載されたおりもとみまな氏の作品を集めた作品集です。
収録作品は、「メイドロボハイブリッド」「ふたみこ」「おんなまつり」「フレンズ」「転入生」「グッドモーニング,ちんちん」「男のうちにしたい10のこと」「性なる嘘つき」の8つです。

「メイドロボハイブリッド」は、描き下ろしの4ページフルカラー作品。モテない男性がメイドロボを買ったけど、股間にはまだなんかついていて・・・という話。ぐりぐりして、もごうとします。
「ふたみこ」は、双子の姉が神社での儀式が嫌なので、双子の弟に巫女のかっこうをさせて代わりにやらせようとします。そしたら、ディルドー型の御神体を挿入することになってしまい・・・。
「おんなまつり」は、男の子が男として大神輿を担げることで盛り上がってたら、祭り当日に女体化してしまい・・・という話。褌を凄く食い込ませた女の子たちが興奮しながら女神輿を担ぎます。
「フレンズ」は、子供の頃から一緒のヒロキとコジロー。ある日、コジローが女体化してしまうものの、一緒に海にナンパに行く、という予定は実行されることになります。痴女的紐水着を着たコジローの日焼け姿がエロい。
「転入生」は、レズものAVを愛好する少年が、無修正のハードBL同人誌を愛好する女の子とともに、3333段の日本一の石段の上から転げ落ちながら身体を入れ替わる話。ヘンテコな話だけど、テーマが深くて面白い。落ちる二人がやけに冷静で笑った。
「グッドモーニング,ちんちん」は、男嫌いの新体操少女の股間に、ある朝起きたらちんちんが生えてた、という話。
「男のうちにしたい10のこと」は、医者から24時間後に女体化すると宣告された男の子が、男の人生最後に何がしたいか、ということでオナニーに行き着く話。傑作。
「性なる嘘つき」は、紹介文で書いた話。
前作「メイドいんジャパン」もおかしな作品でしたが、この短篇集も相当に変な話ばかりで、妙なテンションとズレた言動が醸しだすギャグに笑わせてもらいました。変態的なシチュなのに、話に深みがあり、ひとつひとつの物語としての完成度が高く、ハズレなしの短編揃いです。結構ストレートなエロさも出しつつ、女装やTSの魅力も感じさせるところも良かったです。

   
「メイドいんジャパン 1」「かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう」「一緒にHしよっ♡〜辻すずらん編〜」「チェンジH white」
---------------------------------------------------------

「ジェネシス」の最新号、なんか薄くなってるな。

安倍吉俊、加藤アカツキ、村田蓮爾の3者合同サイン会(コミックナタリー)

「茶のしずく石鹸」で小麦アレルギーに…被害者「パン、ラーメン、パスタ…全部食べられなくなった」(痛いニュース)

『めだかボックス』アニメ、ラノベ以外にも他プロジェクトが進行中! これ賭けてるかもなぁ(やらおん!)

夫のワグナーさんに何らかの責任=N・ウッドさんの死で元船長語る

芦田愛菜 :笑顔封印で初の悪役に 映画「ライアーゲーム-再生-」

   
「ちちのや画集」「女装少年アンソロジーコミック すもも組」「揉み払い師 2」「ヒストリエ(7)」
---------------------------------------------------------
関連サイト
売れる同人誌:おりもとみまなのblog
http://mimana.sblo.jp/
CHANGE H - 少年画報社
http://www.shonengahosha.jp/changeh.html
変態的ハイテンション性転換エロコメ漫画短編集「性なる嘘つき」(newAkiba.com)
http://www.new-akiba.com/archives/2011/11/post_26160.html
「おちんちんワールド炸裂」 おりもとみまなチェンジH短編集 性なる嘘つき(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51305351.html

この記事もどうぞ。
性の境界を越えたギャップに萌えるのは日本の文化。そういうのが大好きな豪華作家陣が結集。少年画報社『チェンジH pink』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1448/
女装メイドたちの限りなく熱い戦い。おちんちんの伝説がいまはじまる・・・。おりもとみまな『メイドいんジャパン』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2144/
ついに攻勢を開始したレクサース社はメイドロボを繰り出してきて・・・。おりもとみまな『メイドいんジャパン』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1987/
おもてなしの心を無い胸に抱き、女装メイドがツンデレお嬢様に羞恥プレイ気味にご奉仕する。おりもとみまな『メイドいんジャパン』1巻と2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1315/
男の子のハズなのに可愛過ぎてドキドキする。松本トモキ『プラナス・ガール』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1613/
これは狂った痛快さ。幼女にふたなりに猫耳魔法少女。おりもとみまな『みさおMY LOVE(みさおマイラブ)』と『魔法少女猫X』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1349/
自分の体が女になっていくことに悩む真尋=ありすですが・・・。唯登詩樹『My doll house(マイドールハウス)』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2507/
神様の手違いで好きな女の子より巨乳の美少女にされてしまった男の子の話。ポン貴花田『えんとらんす!』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2172/
うかつな発言のせいで女の体にされてモテモテに・・・!? 龍炎狼牙『にょたいかっ。』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2247/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/20 Briankaw]
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]