忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[3121]  [2945]  [2944]  [2943]  [3264]  [2941]  [2939]  [2938]  [2937]  [2942]  [2936
BTOOOMブトゥーム第9巻_井上淳哉

井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第9巻

「平の死にショックを受ける坂本竜太。かつてゲームの中で坂本に出会い救われたヒミコは、そんな彼を見て、自分を殺してチップを集め脱出するよう提案するのだが・・・!」
新潮社----------バンチコミックス---------2012年-------514円

10月からTVアニメがはじまる「BTOOOM!(ブトゥーム)」の第9巻です。作者は井上淳哉氏。

追い詰められ、生きて帰りたいがために坂本とヒミコを裏切った平が、結局死んでしまったことにショックを受ける坂本。
そんな彼の姿を見たヒミコは、彼のために自分を殺してくれるよう言いだしてしまいます。そうすれば、ヒミコの分も合わせてチップは8コ揃い、坂本は帰れるのですから。
ヒミコがそこまで言うのは、彼に対する想いがあるから。回想によって彼女がどうして「BTOOOM!」のゲームをやっていたのか、どういう状況だったのか、そしてゲームの中で坂本がどれほど救いになったのかが分かってきます。彼に対する恩返しというか恋心というか、そういうものが彼女をそこまで言わせることになったようです。
もっとも、その言葉によって坂本はそんなことはしないと言い切り、ショックからも立ち直っていきます。
そうしたやりとりの中で、二人は互いに惹かれ合い、いい雰囲気になっていきます。夜の廃墟のボロソファの上とか、ステキなシチュだよな(え?
もっとも、ちゅっちゅはするけど、最後まではしちゃったりはしません。坂本は意外に紳士だったわけですよ、このニート野郎は!www

そんな感じでふたりがイチャついてたころ、殺人鬼のガキ・吉良は四人の参加者と戦うことになります。四人はチームになって戦っていて、はじめは素人かと思ったら、吉良をかなり追い詰めることに。このチームは、東郷という元警官によって率いられています。この東郷が言うには、サバイバルの参加者は全部で32人で、必要なチップの数から計算すると、生き残れるのは最大四人までなのだと結論しています。そのため、四人でのチームを作ったというのです。それは、他の参加者を皆殺しにするためのチーム、ということです。
こうなると戦い方はチームバトルになる可能性が高いですね〜。坂本はどうするつもりなんでしょうか・・・。

特典の作者のコメントによれば、この9巻が物語のターニングポイントになっているそうです。坂本が、より積極的に戦いをしていくことで、バトルがまた凄くなりそうですね。さらに、坂本の先輩でティラノスジャパンに勤める飯田が、島にやってきて何かしようとしています。物語はまた大きく動きそうですね。

アニメは10月からですが、TOKYO MXで放映だそうです。制作がマッドハウスというから期待できそう。声優は、なぜか俳優の本郷奏多が坂本役だけど、これは聞いてみないとわからんな。

「BTOOOM!」9巻に書店特典&初版分にHIMIKOしおり(コミックナタリー)

   
「妖怪HUNTER」「エデンの檻 18」「 ハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ) 」「HUNTER×HUNTER 4」
---------------------------------------------------------------------------

   
「サヤビト 7」「ヴァルトラウテさんの婚活事情」「スパイMKT 1」「問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ? 」
----------------------------------------------------------------------------
関連サイト
stHISEKUTTA(井上淳哉)
http://www5.airnet.ne.jp/jokerjun/
web@バンチ
http://www.comicbunch.com/
ブトゥーム バンチ公式
http://www.comicbunch.com/comicinfo/btooom/
BTOOOM! アニメ製作ブログ
http://www.comicbunch.com/blog/btooom_animation/
BTOOOM! アニメ
http://www.btooom.com/
竜太とヒミコがついに××!? コミックス「BTOOOM!」最新9巻発売(オタロードblog)
http://www.senakablog.com/archives/2012/09/btooom9.html
10月からテレビアニメが放送される井上淳哉「BTOOOM!」第9巻(newAkiba.com)
http://www.new-akiba.com/archives/2012/09/10btooom9.html

この記事もどうぞ。
伊達を倒したが、次に彼らを狙うのは・・・。アニメ化も決定! 井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第8巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2894/
おいおい騙されすぎだろ・・・。そんな竜太の過去も少し明らかに。井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第7巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2756/
落下するスーツケースを求め、危険な男・織田と戦うことになり・・・。井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2595/
戦いに敗れ、HIMIKOが連れ去られてしまい・・・。井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2203/
原哲夫の濃さは抜けたけど、連載陣は充実させてあります。新潮社『月刊コミック@バンチ』2011年3月号(創刊号)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2590/
「アザナエル」「ぼくの体はツーアウト」「カバディ7」など。最近読んだ少年漫画20110727
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2553/
ネットゲーマーたちが放り込まれた爆弾で殺し合うリアルサバイバル。井上淳哉『BTOOOM!(ブトゥーム)』第1巻から第3巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2103/
死んだはずの人間たちが異様な存在を倒すことを強いられる・・・。奥浩哉『GANTZ(ガンツ)』第1巻〜8巻まで
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2878/
墜落した飛行機。目を覚ました場所は巨大な絶滅動物が闊歩するジャングルで・・・。山田恵庸『エデンの檻』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2072/



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[08/17 FXBrokerHet]
[08/01 hair bundles]
[07/28 adidas superstar blue and white]
[07/24 StanleyDathy]
[07/23 chaussure adidas pas cher]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]