忍者ブログ
管理人・マミヅクによる漫画とライトノベルの感想ブログ。なるべく毎日更新していきます。書評・論評・批評・レビューというより感想・お勧め、という感じになっていきそう。自分の読んだ漫画・ラノベを紹介してくので、ネタが新刊ばかりというわけではありません。むしろ古いものも進んで扱っていきます。前のアメブロだとエクスポートできないのでこちらへ移転。少年漫画でも少女漫画でも18禁でもBLでもアクションでも恋愛でもSFでもなんでも扱います。基本的にはなんでも読む、と思ってましたが、現在買ってる漫画雑誌は『週刊少年マガジン』『アフタヌーン』『コミックメガストアα』『X-EROS』『ホットミルク』『ヤングキングOURS』『夢幻転生』『真激』『バスターコミック』『月刊少年エース』『エンジェル倶楽部』『コミックスピカ』『BIRZ』という、オタ傾向はあります。最近、ラノベはかなり少なめ、エロ漫画はかなり多め。 リンクフリー。連絡は基本的に不要。ただ、連絡していただけるのであれば嬉しいです。
[2830]  [2829]  [2828]  [2827]  [2826]  [2824]  [2825]  [2818]  [2817]  [2823]  [2816
紅kure-nai第9巻_山本ヤマト&片山憲太郎

山本ヤマト&片山憲太郎&子安秀明&降矢大輔『紅(kure-nai)』第9巻

「京都を支配する西四門家のひとつ朱雀神家の当主・碓氷と知り合った紅真九郎たちだったが、紫はお面を被った男に襲われようとする。そこを救った切彦だったが、そのことで逆に朱雀神に放たれた刺客だと思われてしまう。さらに、そんな彼女を庇ったことで真九郎たちも捕らわれてしまうことになるのだが・・・」
集英社------ジャンプコミックス------2012年------438円

人気ライトノベル「紅 kure-nai」のコミカライズの第9巻です。44話から47話までと、番外編の「切彦のデート!?」が収録されています。表紙は紫と千鶴の幼女コンビ。京都編の終わりまで描きます。

銀子ちゃんとともに京都にやってきた真九郎と紫たちですが、西へ逃れた切彦と出会い、京都を支配する独立勢力「西四門家」のひとつ、朱雀神(すざくじん)家と関わることになってしまいましたが、その朱雀神の家の中に現れたお面の男に襲われた紫。
これを切彦が助けるのですが、碓氷と紫が顔がそっくりだったことから、朱雀神の家の者たちから、碓氷を切彦が襲ったかのように誤解を受けてしまいます。朱雀神に対して放たれた刺客だと思われた切彦は逃げ、御門衛士という戦闘員たちが追いますが、真九郎たちがこの時彼女を助けたため、朱雀神の湖兎から敵だと断定されてしまいます。
囚われる真九郎たち。そのころ銀子は碓氷たちと話して、伝説的な情報屋であった銀子の祖父の残したノートを受け取ります。そこに書かれた暗号を読み解いた銀子は、湖兎の秘密を知ることになるのですが・・・
紫そっくりな和服女装の男の娘・碓氷が登場した京都編はこの巻で終わりです。心が読めるという能力を持つが故に、この世の汚い部分を知ってしまった人たちの悲しく切ない生き方の話でした。でも、最後はいい感じにまとまって解決しましたし、碓氷が最後まで可愛くて健気でよかったかと。
で、次の話の序章部分が入りますが、なんかいきなりリンさんのセミヌードというご褒美が! 照れるリンさんとかいいな! そして、銀子ちゃんとはお風呂場でハプニング。先に真九郎が入ってるのに、目が悪いから気付かないまま入ってきちゃったりしちゃうわけですよ。真九郎は、銀子ちゃんのつつましい胸とかスラリとしたボディに、もっとなんかすべきだったな!
で、真九郎の揉め事処理屋の大先輩・柔沢紅香さんの過去の活躍の話やりますが、そのあとのシーンで彼女が悪宇商会のトップ・星噛絶奈となんかあったらしく描かれてます。次はこのヤバそうな人とやることになるのかな!?

で、またも番外編なんですが、なにか勘違いして突っ走った紫のおかげで、切彦ちゃんとデートすることになった真九郎。まあ、紫もいるんですが、3人でデートとかむしろご褒美だよな!?
女の子のカッコした切彦ちゃんが可愛いなぁ〜

   
「電波的な彼女 愚か者の選択」「紅 kure-nai 醜悪祭 上」「「紅」Blu-rayDiscBOX(初回限定生産)」「山本ヤマト・イラスト集 AURORA GEM」
--------------------------------------------------------------------------

日販、「書店員のおすすめコミック」ランキングを公開

マレーシアで作られた実写版「るろ剣」

マックの新作「レタス&ペッパーバーガー」が見本写真と違いすぎると話題に(痛いニュース)

GACKT、卒業式でサプライズ・ライヴ! 被災地の高校生へエール!

鈴木みその震災ルポ作品「僕と日本が震えた日」単行本化(コミックナタリー)

アニメ「咲-Saki- 阿知賀編」4月8日スタート、OPはStylipS(コミックナタリー)

   
「霜月かいり画集 鎬 SHI-NO-GUI」「素足のメテオライト 3」「僕と日本が震えた日」「鬼灯の冷徹 4」
---------------------------------------------------------------------------
関連サイト
(スーパーダッシュ文庫)
http://dash.shueisha.co.jp/-kurenai/
SOYBEAN(山本ヤマト公式)
http://soybean3.s60.xrea.com/
ジャンプSQ
http://jumpsq.shueisha.co.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
紅 kure-nai 9巻「切彦と銀子の可愛さにまったりとした巻でした!!」(アキバblog)
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51325762.html
銀子のハダカもあり、京都編が完結した「紅 kure-nai」第9巻(newAkiba.com)
http://www.new-akiba.com/archives/2012/03/_kurenai9.html

この記事もどうぞ。
銀子といっしょに京都へ。しかし、そこは西四門家が守る土地で・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第8巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2686/
殺し屋としての切彦が理津を狙って紫たちの前に姿を現してしまい・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第7巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2487/
真九郎はレッドキャップを倒したことで悪宇商会にスカウトされてしまい・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第6巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2268/
真九郎も知らない崩月家の過去。レッドキャップに夕乃が連れ去られてしまい・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第5巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/2084/
活き活きとしたキャラクターたちが魅力的な山本ヤマト氏の『AURORA GEM 山本ヤマト・イラスト集』
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1353/
揉め事処理屋の少年が自由を奪われた少女と出会い、守ることになり・・・。片山憲太郎『紅 kure-nai』(第1巻)
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1286/
九鳳院家の次男によって真九郎の目の前で紫が連れ去られてしまい・・・。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第3巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1275/
可愛らしくも恐るべき殺し屋「ギロチン」こと斬島切彦が登場。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure- nai)』第4巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/1733/
ふるえるぞハート! 萌えつきるほどフラット! 紫ちゃんの銭湯シーンあり。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第2巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/675/
高校生揉め事処理屋がロリっ娘連れて悪戦苦闘。山本ヤマト&片山憲太郎『紅(kure-nai)』第1巻
http://mamiduku.blog.shinobi.jp/Entry/297/




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
Twitter / タイムライン
マミヅク@mamiduku https://twitter.com/mamiduku
だいたい家からつぶやいています。 自分のつぶやきは少なめ、RTは多め。
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/12 UGG靴 カンコク コピー]
[11/05 Andrea Gibson]
[08/04 マミヅク]
[04/10 マミヅク]
カテゴリー
プロフィール
HN:
マミヅク
性別:
男性
自己紹介:
昔から漫画大好きでライトノベルもよく読みました。現在も毎日、何かしら読みまくってます。部屋は六畳間に本棚四つな上に、床が見えないという酷い状態になるくらい漫画まみれでラノベづくしです。
バーコード
アクセス解析
メールフォーム
ご意見ご感想ご連絡など、管理人マミヅク宛のメールはこちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]